北海道な日々でした!

アクセスカウンタ

zoom RSS 恥ずかしながら、帰ってまいりました!

<<   作成日時 : 2009/09/01 23:56   >>

トラックバック 0 / コメント 4


タイトルの言葉は、1972年、第二次大戦の終戦から28年目、グアム島で発見された、横井庄一さんの帰国第一声として知られているものです。



戦争の犠牲になり、自分の意志に反してグアム島で戦っていた横井さんには大変失礼だとは思いますが、


北海道を離れ、東京へ戻ることになった私が、帰路のフェリーから新潟に上陸する際、ふと思い出したのがこの言葉でした。


生まれも育ちも東京で、実家も東京にある私ですが、北海道へは、永住するつもりで引っ越しました。

しかし、結果的に、北海道に何の足跡も残せず、挫折して北海道を離れたその心境は、両親やお世話になった人達、そして東京の友人達にすら合わせる顔もない、まさに「恥ずかしながら」の帰還だったのです。

旅行で北海道を訪れていた時期、最も多く利用した、新潟〜小樽のフェリー航路。

毎回、帰路のフェリーで新潟に着くと、楽しかった北海道の旅の余韻と、再び現実の世界に戻って行く憂鬱な気分が交錯し、何とも言えない微妙な気持ちになったものですが、今回はさらに特別な気分でした。


新潟−東京間は、高速料金が高いことから、いつも一般道を走っていましたが、料金だけの問題ではなく、そうすることで、ゆっくりと現実に戻って行けるという、ある意味、儀式的な理由もあったのです。

この日は休日で、例のETC割引の日でしたが、どっちにしたって私の車にETCなんかがついているわけもなく、以前と同じように、一般道でゆっくりと東京を目指しました。


新潟−東京は320kmほどで、稚内から札幌へ帰るくらいの距離になります。


走り出してしばらくして目に留まったのが、「ジンギス(カン)」の文字。

新潟は、どういうわけかジンギスカンを食べさせる店が多くあるのですが、この後にも数件の店が国道沿いにありました。

「これからは、もう、気軽にジンギスカンというわけにはいかないよなぁ。」と思ったのを皮切りに、


米どころ新潟の風景を見れば、北海道を思い出し、


メグミルクの旗を見ればまたと、北海道を思い出させるものばかり、次々と目に入って来ました。


その日は、北海道を離れた気分を表すかのような、どんよりとした曇り空。

しかし、そこはやはり内地の気候。雲っていても、北海道から戻って来た身にはかなり蒸し暑い。


エアコンをつけようと、スイッチをONにするも、いつまで経っても冷風が出てきません。

コンプレッサーは動いているみたいなのですが、どうやら、エアコンのガスが抜けてしまっている模様。北海道では、ほとんど使わなかったので、ガス抜けにも気がついていなかったという大失敗!


しかも車の中は、パソコン関係など、引越しの荷物には入れなかったものが、運転席以外満載の状態で、風通しも最悪。

なんということだ!!

そんなわけで、コンビニで買ったタオルを首に巻き、汗だくになりながら走って行くと、苗場付近に差し掛かりました。

スキーでも度々来ていた苗場は、何となく懐かしい。


少し休憩して行こうかと思ったのですが、何故か苗場の町は大勢の人で溢れかえっていました。


ちょうどこの日は、「FUJI ROCK FESTIVAL」が行われていたのですが、それにしてもこの大群。

都会から離れたこんな場所に、これだけの人が集まっている光景を久しぶりに見て、「内地ってすげぇ〜。」という思いが…。


で、苗場休憩は諦め、さらに走るうちに、いつしか天気は快晴に。

暑い! いや、熱いっちゅうに!

北海道で、快適な夏を過ごしてきた身には、久々の暑さが堪えます。しかも、エアコンなし!

「そうは言っても、長い間、猛暑の東京で暮らしていたのに、オレもヌルくなったよなぁ。」なんて思いつつ走っていると、


目の前に赤い橋が現れました。

そうそう、思い出しました。新三国大橋ですね。


緑の中に横たわる赤いアーチ。

こんな風景、北海道にもいくつかありましたね。


「やっぱり自然がいっぱいの風景はいいなぁ」と思いつつ、新潟−東京間の最大の難所?の三国峠も無事に越え、下界に降りて走りつづけると、暑さにかすむ目に「マンボウ」の文字が。

「こんな所でマンボウかよっ!」と、札幌の大盛、いやいや、大物ブロガーの「マンボウさん」を思い出したのですが、


近くで見たら、「マンボウ」ではなく「サンポウ」の見間違い。

写真で見るとハッキリしていますが、低下した視力と暑さのせいで、この時は確かに、「おっ、マンボウさん!」と思ったのでした。

そして、国道が街中に戻ると、またまた北海道を思い出させるものが続きます。


この交差点なんて、


左に「びっくりドンキー」、右奥に「ニトリ」。さらに、北海道資本ではないものの、札幌で何度も行った「すしおんど」。


そして、 ここにもマンボウ!!


さらに進むと、今度は「味の時計台」。

しかも、ご丁寧に「北海道札幌から来ました」とか書いてあるし…。

オレのことかよ。


その先には、「山岡家」。

あの見慣れた赤い看板も、今となっては懐かしい。

それにしても、よくもまあ、北海道関連ばかり見つけるものだと、自分に感心するやら呆れるやら。

ま、さすがに「マンボウ」には苦笑いですが…。


そんなんこんなで走っていると、いつしか「東京まで41km」。

北海道なら、「もう、そんなに遠くないな。」という気になりますが、都心に近づいたということは、ここからが長いのです。

実際、このあたりから車の数もどんどん増え、久々の「渋滞と呼べる渋滞」にも遭遇し、ここから実家まで2時間以上もかかったのでした。


それでも車は何とか進み、「高井戸」「荻窪」「谷原」なんていう文字が出てくると、ほんの少し、懐かしい気持ちと、帰ってきたという実感も湧いてきます。


それにしても、何という道の狭さ!!

北海道の広々とした道路感覚からすると、やはりこれは異常。


人や自転車も車道に溢れてくるし。

いや、この道だってね、別に路地裏というわけじゃなくて、路線バスも走っている、わりと主要な道路なんですけどねぇ。


「昔はこんな道を、なんとも思わずに走っていたのか」と、感覚のズレに戸惑いながらも、暗くなる頃には何とか実家まで辿り着きました。

さほど休憩もとらずに走り続けたのに、新潟から約12時間の旅でした。


★★★★★


ということで、とりあえず、帰って来てしまったけれど、このままずっと、内地に腰を落ちつけているわけにはいかないから、何とかしないと。

気持ちは中々浮上しないけれど、そんな時には、今でこそ死語となって、オヤジギャグの殿堂入りを果たした、昔良く口にした「あの言葉」を唱えつつ立ち上がるのだ。


そう、「よっこいしょういち」ってね!

内地でオレも考えた(2009.10.31)」より転載

※ブログランキングに登録しています。
画像:人気blogランキング(北海道)へ
★↑↑北海道な日々を感じていただけたら、応援のクリックをお願いします。


(2009年07月下旬のある日)


※北海道のホームページも作成中です。
よろしければ、ご覧下さい。

『北海道!旅の情報発信基地』
北海道旅行と観光−『北海道!旅の情報発信基地』へ

『sapporo!観光ナビ』
札幌の旅行と観光−『sapporo!観光ナビ』へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、北旅さん♪
お邪魔しています!更新待っていたんですョ^^
お元気ですか〜(*`◇´*)/ダー!

なるほど!
北海道関連が沢山あるんですね^^;
これは後ろ髪が引かれる思いになりますね。

そう言えば今日…
北大イチョウ並木が、歩行者天国です^^
生憎のお天気で、行くのを断念しました。
窓から見える手稲山・・、
雪化粧するのも、もう直ぐですョ(*^-゚)v
みぃ
2009/11/01 16:25
★>みぃさん
このブログの初コメント、ありがとうございます。

「北海道だった日々」に書きましたが、体調、というか目が悲惨な状態で、こちらのブログを作ったものの、開店休業になってしまいました。

まずは、帰路の話を書こうと思っていたのですが、けっこう長い話になるしで躊躇していて、ようやく意を決して書いてみたのです。

帰路、北海道関連ばかり目に入ってきたように、帰ってからも北海道のことが気にかかります。

今は、「今年のイチョウはどうだろう?」とか、「初冠雪はいつ?」といった感じですが、歩行者天国が1日なのは知っていて、「みぃさん、行くのかな?」と思っていました。

ちなみに、歩行者天国→車両通行規制ときて、今年は「交通規制」と表現されていました。どうでもいいことですけどね。

初雪も降ったようですね。東京は、これからが紅葉の見頃です。
北旅@管理人
2009/11/02 08:49
もしかしたら・・・
もし春までお義父さんが元気だったら。。。
「東京一人旅大作戦」検討中・・・。

でも・・・まだ・・・家族はだーれも知りません^0^
果たして叶うのか??大反対でぽしゃるか・・・。

そしたら叔父のとこも行くかもなので
この北旅さんのテリトリーをじゃっかん通るかも??です。
うふふ。
その日雨だね!って思ったでしょ?絶対思った!!

北海道物が多くてびっくり。
札幌新道?はたまた36線?の界隈とか旭川に向かう道とかそんな錯覚起こしそうになりますね〜^^

びっくり。
eru
2009/11/02 21:06
★>eruさん
B型は度胸がいいですからね。一人旅でも何とかなりそうですが、と同時に、何かしでかしそうなので、送り出す方は気が気じゃないかも?

あれ? 叔父さんの住んでいる所、お会いした時に聞いたような気がしますが、どこだったか忘れました。記憶力が…。

都内ではあまり北海道物を見なくなりましたが、家のわりと近くに「とんでん」と「ニトリ」があって、その前を通ると北海道を思い出します。

うじゃうじゃあった、セコマやホーマックが懐かしいです。
北旅@管理人
2009/11/04 08:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

人気ブログランキング

画像:人気blogランキング(北海道)へ
★ 人気ブログランキング(北海道)に登録しています。

もうひとつのブログ

 『ポケットに文庫本を』へ
★ポケットに文庫本を★
恥ずかしながら、帰ってまいりました! 北海道な日々でした!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる