北海道な日々でした!

アクセスカウンタ

zoom RSS ラマドン2010〜「大勝軒まるいち」で、もりそば大盛!

<<   作成日時 : 2010/05/31 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 6


ラマドン2010。第一弾は、つけ麺好きのマンボウさんのために、新宿にある「大勝軒まるいち」へ行って来ました。


ラマドンについてはこちら


つけ麺の元祖と言われる、東池袋大勝軒。その名は東京にいた時に知ってはいましたが、いつでも長蛇の列との噂で、並んで待つのが嫌いな私は一度も行ったことがありません。

最近は、大勝軒の暖簾分けみたいな、弟子による店がたくさん出来て、さながらチェーン店の様相です。


東京へ戻り、私の本拠地の新宿を歩いていた時に見つけたのが「大勝軒まるいち」。

最近は「ラーメン二郎」もウジャウジャ支店が出来て、何だかありがたみがなくなってきた気がしますが、わざわざ食べるためだけで飲食店のある場所へは行かない主義の私としては、新宿は日常の行動エリアなので、まずは新宿でラマドンを敢行です。


店は、歌舞伎町の入口と、靖国通りを挟んで反対側のビルの地下にあります。

この日は、夕方早めの時間に来たので、さほど店内は混んでいませんでした。


当然、つけ麺ですが、大勝軒では「もりそば」なんですね。普通で250gと350gが選べるようですが、「少ないなぁ。」と思ってよく見ると、「中盛450g」「大盛600g」というのがあります。

東京に戻ってからは、大食い仲間もいないし、(と言うか、この歳で大食いしてる方がおかしいのですが…。)食べ放題も1名からではダメな店ばかりで、大食い系はご無沙汰です。

ちょうど1年前、大食いブランク明けなのに、いきなりジャンヌへ行き、1キロ飯の「カツ激」を食べて腹をこわした二の舞はゴメンです。まあ、600gくらいがリハビリには丁度いいでしょう。と言うか、今回は別に、怪物mojamaとの対決が控えているわけでもなし。特訓の必要はないのです。

そう、目的はラマドンですからね!

と言うことで、大盛の食券を買ってカウンターに出すと、店員さんが、「大盛、けっこう量ありますよ。」と言ってきます。

「なに言っちゃってるの! オレサマを誰だと思ってんだよ。600gでひるむ北旅サマじゃねぇ。ナメンナヨ!」と思いつつ、「大丈夫です。(フン)」と余裕かまして食券を渡します。


ここは太麺なので茹であがりに時間がかかります。


待っている間に店内を見渡すと、店の奥には、使い込まれた木のカウンターが飾られています。


近づいて見ると、大勝軒発祥の地、旧東池袋大勝軒・本店のカウンターでした。


写真がピンボケですが、往時の様子を物語る、行列の写真も展示されています。

こんなカウンターを貰い受けるくらいだから、この店は、創始者の山岸さんの直系なのかなぁとか思っていると、隣の人のつけめんが出来上がります。

その量を見て、「えっ?!」。

他人の麺を写真に撮るわけにはいかないので、写真はありませんが、350gのくせに、ラーメン丼いっぱいに盛られています。

「350gですと言って渡してたと思うけど、聞き違いだよな〜。きっとあれが600gなんだろう。」と思いながらも、少しイヤな予感もしつつ待っていると。


来ました!!




(ラマ)・ドーン!

「え〜〜〜〜!!」という声をかろうじて飲み込んで受け取りますが、ズシリと重い。

札幌でも、1キロ前後の大食いは何度もやっているし、600gがどれくらいのものか、感覚で分かっているつもりです。


コレは、絶対に1キロ以上あるね。

いつものことですが、写真だと、大盛具合が伝わりにくいのですが、ラーメンドンブリに山盛りの麺に圧倒されました。

大勝軒の盛りが良いのは知っていましたが、大盛チャレンジ系とは思っていなかったので、下調べもなく来てしまったのですが、こんなのアリ?


とにかく、頼んでしまった以上、食わねばならないので、気合を入れて食べ始めます。


マンボウさんのブログで読んでいた通り、麺は太くて、湯で加減はヤワヤワ。それも、かなりヤワヤワでした。感覚的には伸びたうどんみたいです。

かと言ってマズイというわけではなく、この自家製麺はウマイと思います。

が、しかし、味わって食べているわけにはいかんのですよ。

わっせわっせと食べ進みます。

つけ汁は、魚介系の濃いヤツですが、これはちょっと私には甘すぎました。もう少し、キリッとした方が好みです。

酸味があるようなことが書かれていた記憶もありますが、ここのは、そんな感じではありませんでした。ただただ甘い。

まあ、普通の量だったらまだ良いのですが、この甘めのつけ汁で、大量の麺を食べるのはシンドイ。


食べても食べても、見た目、減りません。


つけ汁には、チャーシュの切ったものやメンマも沢山入っていて、それはそれでウレシイのですが、予想外の量に苦しんでいる私には逆につらい。


え〜、ここで今回の「ラマドン」の意味のおさらいしておきましょう。

「ラ」ーメンを
「マ」ンボウさんの代わりに
「ドン」ドン食べる!

略して「ラマドン」です。

決して、

「ラ」ーメンを
「マ」ンボウさんの代わりに
「ド」ッカー「ン」と食べる!

ではありません!


なのに、なんでこうなるんでしょうか?!


絶対に600gではない確信はあるものの、それじゃ一体、何gに挑戦しているのかわからないというのは、かなり不安だし、苦しさも倍増です。

ふと、入口脇の壁を見ると、


「人生の試練に打ち勝て」

山岸御大の、ありがたい言葉が飾られています。

ひえ〜〜。

と、山盛りの麺と格闘すること25分。


ようやく、あと一口という所までに辿り着きました。

しかし、最後の難関が、つけ汁。

普通は、最後に割スープにして飲むのがつけ麺の作法ですが、どんだけスープを足されるかわからないし、かと言って、「スープ割は少しで結構です。」なんて言うのも悔しい。

本音を言えば、もう一滴でも量を増やされたくない。



とろ〜りドロドロのつけ汁を、そのまま飲み干しました。


何とか完食完飲。


いや〜、それにしても苦しかった。

帰宅後、ネットで調べてみると、どうも、600gというのは、茹でる前の量っぽい。

店自身のHPではないので確実ではないのですが、こちらの赤羽店の記事によれば、茹であがり1600gとか書いてある。




1600gだぁ〜〜〜!!!





殺す気か!

他にも、茹でると1.7〜1.8倍になると書いてある記事もあったし、麺が太いから、茹でるとけっこう増量しそうな感じです。1600gはともかく、食べた感じから、1キロオーバーなのは間違いないと思います。

それにしてもさ〜、表示を見たら、普通、茹であがりの重さだと思うよね。生麺の重さなら、ちゃんと書けよな〜、たくっ!


な〜んて、思っていたのですが、この記事を書くために画像の整理をしていたら、券売機の上に、麺の量の表示があるのを発見。


そこには、


「生麺での表示になります。」の記載が…。


良く見なかったオレが悪かった。


ゴ麺、いや、ゴメン。


※マンボウさん応援企画ですが、勝手にやっているので、多忙ゆえ、自分のブログアップもままならないマンボウさん、コメする必要はありませんからね。その辺は気にしないで、ラマダンな日々を送って下さい。

※ブログ内の関連記事(ラマドン2010)
ラマドン2010〜今さらラーメン二郎
ラマドン2010〜なんつッ亭@品達
ラマドン2010〜つけめんTETSU@品達
ラマドン2010〜続・大勝軒まるいち
ラマドン2010〜「大勝軒まるいち」で、もりそば大盛!
マンボウさん応援企画〜ラマドン2010!

※ブログランキングに登録しています。
画像:人気blogランキング(北海道)へ
★↑↑北海道な日々を感じていただけたら、応援のクリックをお願いします。


(2010年05月下旬のある日)


※北海道のホームページも作成中です。
よろしければ、ご覧下さい。

『北海道!旅の情報発信基地』
北海道旅行と観光−『北海道!旅の情報発信基地』へ

『sapporo!観光ナビ』
札幌の旅行と観光−『sapporo!観光ナビ』へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なるとの使い方に 
噴きました(笑)

座布団2枚!!
ちゅん
2010/06/01 00:18
★>ちゅんさん
あれっ?
ちゅんさん、このネタご存じないとか?

これは、マンボウさんのパクリですよ〜。なるとが入ったラーメンを食べた時の定番ネタです。

大勝軒の記事のURL入れておいたので、見て下さいな。
北旅@管理人
URL
2010/06/01 00:29
うははは(^^)
いやいや!こんな面白い企画にコメントつけないわけにはいかないでしょう!!
『大盛にやっつけられる北旅』という流れを期待しながら読み進んだのですが・・・。
残念(?)ながら退治しちゃいましたか(笑)

今のようにネット情報なんか無い時代に、東池袋の本店で大盛を頼んでえらい目にあっている人を見たことがありますが、本気でスゴイ量ですよね(^^;;
いや。ちょっと尊敬した(笑)
マンボウ
URL
2010/06/01 07:46
うわぁ…何してはるんですか(^w^)

麺って茹でるとそんなに増えるんですね!(゚_゚;)
新京成千葉中央駅そばに、つけ麺で普通盛り300gと大盛500gの価格が同じって店があって、大盛チャレンジしてくれる人探してたんですが、北旅さんには物足りないデスね…

1kg越えは凄いや(笑)

大盛りのお供が出来ればなぁ…(´д`)

マッスルシスター
2010/06/01 08:31
★>マンボウさん
コメントありがとうございます。

マジで狙ったわけじゃないんですが、イキナリ第一弾から主旨を外れて大盛チャレンジになるのか、本当にわけがわかりませんでした。

しかもこっちは大盛久々の身。あの1年前のジャンヌに匹敵するくらいの難業でした。(翌日の腹具合も再現されましたし)

ラマダンはともかく、ラマドンも楽じゃありません…。
北旅@管理人
2010/06/03 01:24
★>マッスルシスターさん
な、何故に京都弁?

それはともかく、麺って茹でるとそんなに増えるんです!

ふむふむ、茹で後500gなら確かに物足りないですが、茹で前500gだと、けっこうあると思われって、ラマドンは大盛チャレンジじゃないと、何度言ったら…。

というわけで、300gで千葉からラマドンですよ!
北旅@管理人
2010/06/03 01:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

人気ブログランキング

画像:人気blogランキング(北海道)へ
★ 人気ブログランキング(北海道)に登録しています。

もうひとつのブログ

 『ポケットに文庫本を』へ
★ポケットに文庫本を★
ラマドン2010〜「大勝軒まるいち」で、もりそば大盛! 北海道な日々でした!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる