今年の〆は、五稜星の夢(ほしのゆめ)

五稜郭の堀を電球で飾り、五稜星形を浮かび上がらせる「五稜星の夢」イルミネーションは1989年に始められましたが、今年は新五稜郭タワーが完成してから初めての開催です。 旧タワー時はわかりませんが、新タワーは窓への映りこみが激しく、星型を綺麗に撮影することが非常に困難です。また、向こう側の堀の電球はこちら側からは見えないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレは夢か幻か~12月の雨

先日、12月の雨のことを書きましたが、ユーミンの曲があるのを忘れていました。 ブログに簡単なアクセス記録がついているのですが、「12月の雨」で検索されたのがいくつかあって、?と思って自分でも検索したらユーミンの曲があるのに気がつきました。ユーミン好きだし、アルバムも持っているのに!!ジャケットと多摩美時代に書いたと思われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サブちゃんかGLAYか、それが問題だ

函館の市電、末広町駅近くにあるウイニングホテル。ここには、2つの、函館出身の歌手のアミューズメント施設、「北島三郎記念館」と「Art Style of GLAY」があります。 両方とも入館料金は1500円。「それが問題だ」なんてタイトルですが、全く問題なく、前から見たかった「サブちゃん」の方を選択です。ここは、一人で行ってもガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のソフト~BARNESのラムレーズン

BARNESのホームページでラムレーズンのソフトクリームのお知らせを見てからというもの、ラム酒好きの私は気になっていたのですが、これが期待以上の美味しさでした! ラム酒がたっぷりかかっていて、香りもすごくいいし、ソフトはまろやかだしで、「むむむ…、旨い。」と唸っていたら、オーナーさんが、「このレーズンは、六花亭のマルセイバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門松がクリスマスツリーに見えた日

クリスマスが終わると、街はあっという間に洋から和へチェンジ!その変わり身の早さには驚くばかりですが、今年はツリーを見過ぎたせいか、門松がツリーに見えてしまいました。 …というのはウソですが、ツリーにも、もみの木ではなくマツが使われることも多く、「考えてみれば似てるなぁ。」と思ったのは事実です。これで電飾でも施されていたら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はこだてイルミネーション~冬の八幡坂

元町地区の建物のライトアップは一年中行われていますが、冬の間は「はこだてイルミネーション」として、周辺の坂を中心に立ち木がライトアップされます。 チャーミーグリーンのCMでおなじみの八幡坂は、坂の向こうに摩周丸の姿が浮かび上がる、写真撮影の人気スポットですが、この日は雨が降りだし、濡れた路面にライトが反射してきれいでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館行ったら、ラッピとハセスト

函館に行くと、やっぱり食べたくなるのが、ラッピ(ラキピとも言うらしい)ことラッキーピエロのハンバーガーと、ハセストことハセガワストアのやきとり弁当。今回も食べてきました! まず、往路の途中の森町で、人気NO.1のチャイニーズチキンバーガーを。チキンは揚げたてだし、ボリュームあるし、やっぱりラッピ! 夕食は函館駅前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖冬の予感~12月の雨

札幌では12月も中旬を過ぎれば、まずほとんど雨は降りません。そうです、雪になってしまうからです。しかし27日は朝からずっと雨が降っていました。 先日函館へ行った時、夜の9時過ぎにポツリポツリと雨が降りだし、どうせ雪になると思っていたら本格的な雨になり、ビショ濡れ。「札幌と函館では同じ北海道でも違うなぁ。」と思っていたら札幌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅でジンギスカン・クリスマス

クリスマス関連イベントを紹介してきた私ですが、自分のクリスマスイブは?と言うと、毎年恒例のシングルベルでした。 「いや、別にクリスチャンじゃないですから~。」と言い訳かましつつも、この日は一人で外食するのは何となくイヤ。「そうだ!家でジンギスカンを食べよう!」 そんな時便利なのが、セイコーマート。わざわざスーパーへ行かなくても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスは教会へ~札幌編

函館の教会を紹介しましたが、もちろん札幌にも教会はあります。札幌からは、人気の観光スポットの近くにあり、ついでの見学にもオススメな、有名な3つの教会を紹介します。 まずは、国の登録有形文化財に指定されている、日本基督教団札幌教会です。石狩街道に面し、TV塔からすぐ近くという、街の中心部にありながらもひっそりと佇むこの教会は、外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスは教会へ~函館編(夜景)

函館と言えば、やはり函館山から見る百万ドルの夜景ですが、この夜景に一役買っているのが、ライトアップされる建造物です。3つの教会も、もちろんライトアップされていました。 幻想的なムードを醸し出すライトアップですが、現在、23ヶ所の建造物がライトアップされています。聖ヨハネ教会は、普通、裏手から入ることになるので、正面を見ずに帰っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスは教会へ~函館編

異国情緒あふれる函館の街。歴史的建造物が立ち並ぶ元町地区は人気のエリアですが、クリスマスはやっぱり教会ということで、大三坂を登ったところにある3つの教会の写真を。 この中で最も有名なのは、現存する中では日本で一番古いロシア正教会で、国の重要文化財にも指定されている函館ハリストス正教会でしょう。緑のトンガリ屋根が青空に映えて美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜空に浮かぶクリスマスツリー

「はこだてクリスマスファンタジー」へ行ってきました。函館市と姉妹都市であるカナダのハリファクス市より毎年寄贈されるという、約20メートルの「巨大もみの木」は壮観でした。 約5万個のイルミネーションで飾られたツリーは、赤レンガの金森倉庫群のあるベイエリアに係留された船上に置かれています。ただでさえハデなのですが、ドライアイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌な日々を脱出~中山峠を越えて

ドライブが好きな私でも、やはり雪道の運転はあまりしたくありません。雪道のドライブは景色も単調だし、吹雪の峠越えは恐いしで、冬は「札幌な日々」の率がかなり高くなります。 「北海道な日々」と言いつつ、ここまでほとんど、札幌近郊の話題に終始していますが、まあ、毎年冬はこんな感じなのです。しかし、「北海道な日々」を始めたのだから、今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NOLE~世界一大きなクリスマスツリー

今の時期、テレビ塔の展望台から、イルミネーションに輝く大通公園を見ると、大きなクリスマスツリーのように見えます。そう思っていたら、実際にそれを狙ったイベントがありました。 世界一大きなクリスマスツリープロジェクト NOLE(ノール)。大通公園を全長1.5キロのクリスマスツリーに見立て、独自に光るものを持って集まった人々が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見!「好きです。Sapporo」

少し前に、「好きです。Sapporo」のマークが見られるのは、羊ヶ丘展望台と冬の大通8丁目だけと書いたばかりですが、ナント!地下鉄の大通駅で見つけてしまいました。 地下鉄南北線大通駅のさっぽろ駅寄りの改札を出て、地下のコンコースをススキノ方面に向かうと、「札幌市交通案内センター」があります。 ここは、市営交通の乗車券…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の札幌観光~大倉山シャンツェ

冬の札幌。夕方には、ライトアップイベントが待っていますが、昼間はどこへ行きますか?私のオススメは、何と言っても、大倉山ジャンプ競技場(大倉山シャンツェ)です。 スタート台の上までリフトで行き、そこから見る景色は、ジャンプ選手の凄さを実感できる素晴らしいものです。もちろん、人工芝の緑鮮やかな夏のジャンプ台も良いのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌ドームのクリスマスビーム

札幌ドームの天井から、カマボコのような形で突き出している展望台。11月の下旬以降、ここからは、2本の妖しげな緑色の光線が発射されています。 札幌の街が見渡せる札幌ドームの展望台は、夜は天井部分がライトアップされますが、それがガラスに映りこみ、夜景の上にアーチのようにかかって見えるため、幻想的な雰囲気が楽しめる人気スポットで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリー・モコリンのアイスショー

ファンの方はご存知と思いますが、「まりもっこり」の彼女として人気の「マリー・モコリン」にはフィギュアスケートバージョンがあります。 現在発売されているのは「Y字スパイラル」と「ビールマンスピン」バージョンの2つ。やはり「イナバウアー」も欲しいところですが、トリノ五輪に「まりもっこり」をつけた携帯を持って行き、人気ブレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルベサ~都会の観覧車

最近、遊園地などではなく、都心のビルに観覧車が設置されているものをよく見かけます。札幌にも、今年5月にオープンした商業施設「ノルベサ」に設置されています。 「ノルベサ」というのはフランス語の「北(ノール)」+北海道弁の「べさ」の合成語とのことですが、観覧車の名前は「ノリア」といい、こちらは、スペイン語でズバリ観覧車だそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べて応援!北海道米。

北海道大好き人間の私は、ビールはサッポロ、バターやチーズは雪印。雪印があんなことになっちゃったって、牛乳はメグミルクと、とにかく北海道びいき。でも、お米はというと…。 北海道米、正直、あまりおいしくなかったのでやめました。味にうるさくなくて、さらに北海道びいきの私が言うのだから間違いありません。私も日本人なので、やっぱり「ごは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッポロビール園~二本のツリー

サッポロビール園で、シンプルな二本のクリスマスツリーが目にとまりました。一本はビール博物館横、もう一本はカフェ前にあり、どちらも本物のモミの木が使われています。 一本は単色で、最近、多くのツリーに使われているLEDではなく、昔ながらの白熱球のランプ。もう一本はカラフルなLEDですが、派手なイルミパターンもなく、ただ、点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばんえい競馬~匠の業と技

存廃にゆれていた「ばんえい競馬」の存続が決定。存続を祝って、ばんえいネタを1つ。 「ばんえい」には返し馬も輪乗りもありません。パドックからスタート地点まで移動したら、あとは発走を待つだけです。それまで騎手は、小屋の中かレース監視塔?の下で何やら話していることが多いのですが、数年前、あと10分くらいで発走という時に、ある騎手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドリーム・イルミネーション

サッポロファクトリー恒例のクリスマスイベント、「Dreamイルミネーション」を見に行ってきました。メインのジャンボクリスマスツリーの今年のテーマは「ゴールド&ブルー」です。 ファクトリーのシンボルスペース、ガラス屋根の「アトリウム」には、毎年、広尾サンタランドから寄贈された、15メートルのトドマツのツリーが登場します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の札幌競馬場

有馬記念の前売り入場券を買いに、札幌競馬場へ行ってきました。冬に来たのは初めてでしたが、夏の間、眩しいほど輝いていた緑のターフも、すっかり深い雪に埋もれていました。 ウインズとして開放されているスペースには、大勢の競馬ファンが来ていましたが、雪の中のターフビジョンを見ながら観戦する光景は、元東京人の目には少々異様に映りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬期限定 「好きです。Sapporo」

さっぽろホワイトイルミネーションの最深部、人影もまばらな大通公園8丁目に立つポールからは、幾筋もの光の帯が、静かに地上へと降り注がれています。 ポールの根本には、「好きです。Sapporo」の文字が書かれたプレートが設置されています。 これは、札幌観光協会のキャンペーンテーマで、以前は、このデザインがお土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まりもっこり@ウインタースポーツ

次々と新バージョンが発売される「まりもっこり」シリーズですが、11月初めにはウインタースポーツバージョンが登場。12月に入り、スキー場も続々オープンし、早速、ゲレンデへ。 発売されたのは、スノボとジャンプの2種類。まずは札幌国際スキー場で、今年の初滑り。もっこりを強調するかのような腰の入った滑りで、ゲレンデの視線を独り占めです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅前通りのライトアップパレード

日本ハムファイターズの日本一記念パレードが行われた札幌の駅前通り。現在は、さっぽろホワイトイルミネーションのライトアップが行われています。 ファイターズのパレードは駅前からススキノまででしたが、ちょうど同じ区間の立ち木がイルミネーションで飾られ、ライトアップされています。 例年と違って今年は、札幌駅から大通ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばんえい~世界でたったひとつの競馬

北海道開拓の歴史を今に伝える、「ばんえい競馬」。北海道遺産にも指定されている、この「世界でたったひとつの競馬」が、存亡の危機に立たされています。 ばんえい競馬は、北海道の開拓に欠かせない存在だった農耕馬(ばんば)が鉄製のそりを曳きながら障害を越えて走るという、北海道だけで行われている世界でも類を見ない競馬です。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトイルミネーション~静寂の6丁目

さっぽろホワイトイルミネーションは大通公園1~8丁目で開催されていますが、5~8丁目の「光の森」は、わざわざ訪れる人も少なく、静寂に包まれたゾーンです。 きらめくオブジェや、ミュンヘン市などのイベントの行われる1~4丁目に比べて、立ち木のライトアップだけで地味な印象の「光の森」。 メインの会場からも離れており、正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のソフト / 夏のセタナ

先日、「BARNES」のソフトクリームのことを書いた時、冬のソフトから冬のソナタを連想し、さらに、今年の夏、地下鉄の吊り広告で見た、あるポスターのことを思い出しました。 それは、瀬棚町の観光用ポスターで、「『冬は韓流』 夏は『せたな流』!? 夏のセタナもおもしろい!」というもので、瀬棚町役場の職員@キャストの、かなりインパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メリーもっこり・クリスマス!

北海道のお土産として大人気の「まりもっこり」が、サンタクロースに扮して、さっぽろホワイトイルミネーションに登場しました。 と言っても、新発売の「まりもっこりサンタ」を、会場の大きなオブジェの周りを飾るミニネオン(クマ、キツネ、リス、ミズバショウ、スズランなど)風に私が加工してみただけですが…。 この「まりもっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタが街(ミュンヘン市)にやってくる

クリスマスムードも徐々に高まり、さっぽろホワイトイルミネーションの中でも、多くの人で賑わうミュンヘン・クリスマス市。写真を撮っていたら、ファインダーを横切る怪しい赤い影が。 タイミング悪くシャッターを切ってしまい、「何だよ~。」と思ってよく見ると、「♪ど~この誰かは知~らないけれど、誰もがみ~んな知っている(古い!)」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のツリーSAPPORO 飾り付け完了

さっぽろホワイトイルミネーションの協賛イベントで、11月7日から始まっていた「愛のツリーSAPPORO」の飾り付けが完了し、見頃を迎えました。 今年で19回目のイベントですが、毎年、TV塔前の3本のアカエゾマツのクリスマスツリーがライトアップされます。 完了、見頃などという言葉を使いましたが、要するに、雪が降り出して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサドーレ札幌 vs 王子製紙?

野球、サッカー兼用の札幌ドーム。通常は屋外にあるサッカー場をドーム内へ入れるところが見たくて、今年最後の入れ替えの日に見学に行ってきました。 1時半からの予定でしたが、ドームの扉が開いているのに、なかなかサッカー場が移動を始めません。作業中の人の会話を聞くと、どうもトラブっている様子。養生シートが外された芝生の表面は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のソフトクリーム~BARNES

今年の夏、宮の森へ行った帰りに、住宅街にポツリと立つソフトクリームの看板を見つけました。何となくピンときて、いつか寄ってみようと思いつつ、いつしか季節は秋から冬へ。 < もう忘れていたのですが、最近、お店のHPをみつけ、メニューに書いてあった月替わりのフレーバー、「ルフナ紅茶」にひかれて行ってみたのでした。ここ数日の雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分でやってジンギスカン!

先日、「タイヤ交換を自分でやって、浮かせた工賃でジンギスカン!」と書きましたが、書いたら本当に食べたくなったので、行ってきました、ジンギスカン! この前がサッポロビール工場だったので、こんどはキリンビール園にして、今年新しくできたすすきのの店へ。ここは、生ラムとタレ仕込み(味付き)の2種類の食べ放題があり、片方だけだと2100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マトリョーシカ・クリスマス

ミュンヘン市と姉妹都市提携をしている札幌市が、さっぽろホワイトイルミネーションの協賛イベントとして2002年から行っているのが、ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoです。 ドイツではクリスマス前の時期に、ツリーの飾りや菓子を売る屋台が立ち並ぶクリスマス市が盛んですが、その雰囲気が大通公園の一角に再現されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more