白いプリン(六花亭)と森永牛乳プリン

画像:左から、チーズプリン、森永牛乳プリン、白いプリン

各メーカーから白いプリンが発売されていますが、日本標準?の元祖白いプリンと言えば、森永の牛乳プリンです。六花亭の「白いプリン」、「チーズプリン」と食べ比べてみました。

白いプリンは、各メーカから出ていますが、お土産用に容器に凝っていたりするためか、値段はやや高め(250円前後)のモノが多いようです。プッチンプリンや牛乳プリンで充分な私ですが、六花亭は120円と安いので、ちょっと食べてみようかという気になったのです。

画像:左から、チーズプリン、森永牛乳プリン、白いプリン

牛乳プリンは真っ白のイメージがありましたが、比べてみると六花亭(白)が一番白く見えます。スプーンを入れると、かなり粘度があって、プリンではなくババロアという感じです。

画像:カラメルソースはベージュ色(白いプリン)

味は森永より当然のごとく濃厚ですが、モカ風味のカラメルソースは苦味も上品で、大人向けの味かも。これで120円に、思わず「う~む、やるな。」でした。チーズプリンは、まんま、レアチーズケーキという感じで、ソースも酸味のあるフルーツソースになっています。

画像:とろりフルーツ味(チーズプリン)


※写真にカーソルを乗せると、写真の説明が出ます。

(2007年02月中旬のある日)


※ブログランキングに登録しています。
北海道な日々を感じていただけたら、応援のクリックをお願いします。

画像:人気blogランキング(北海道)へ

画像:ブログ村ランキング(北海道)へ

※北海道のホームページも開設しています。
北海道!旅の情報発信基地
画像:『北海道!旅の情報発信基地』へ

※コメント以外のお問合せなどは掲示板にお願いします。
(携帯もOKです)
画像:北海道な日々 掲示板へ

この記事へのコメント