健在なり! 豚丼の「ぱんちょう」

画像:帯広駅北口からすぐ(匂いでわかります?)

帯広と言えば豚丼! 帯広へ行ったなら、やはり豚丼を食べずに帰るわけにはいきません。帯広には豚丼を出す店がたくさんありますが、元祖と呼ばれる店が「ぱんちょう」です。

このところラーメン屋、温泉と、相次ぐ閉店に遭遇しているので、行ってみたら「ぱんちょう」がなくなってたりしないよな、などと思っていましたが大丈夫でした!

メニューは肉の量により、松竹梅華とありますが、華は1250円と高いので、いつも通り断念し1050円の梅を注文します。

画像:フタから溢れんばかりです。

出てきた丼のフタをとり、久々の豚丼にご対面。豚肉はあくまでも柔らかく、その甘辛いタレが食欲をそそります。

とってもジューシーな肉が6枚でした。でも、ご飯は少ないです。

「ぱんちょう」は観光的に超有名店なので、そういう店にありがちな、「ぱんちょうよりウマイ店はいくらでもある」的な批評も見受けられます。

店により、タレの味付け等は違いますが、それは好みの問題。豚丼を食べるなら、豚丼の元祖に敬意を表し、やはり1度は食べてみたいですね。

画像:たくあんが付きますが、味噌汁は付きません。高いと思います。

「通」への道も「ぱんちょう」からです。

※写真にカーソルを乗せると、写真の説明が出ます。
※豚丼の写真は、クリックすると大きな画像になります。


(2007年03月下旬のある日)


※ブログランキングに登録しています。
北海道な日々を感じていただけたら、応援のクリックをお願いします。
画像:人気blogランキング(北海道)へ

画像:ブログ村ランキング(北海道)へ

※北海道のホームページも開設しています。
北海道!旅の情報発信基地
画像:『北海道!旅の情報発信基地』へ

※コメント以外のお問合せなどは掲示板にお願いします。
(携帯もOKです)
画像:北海道な日々 掲示板へ

この記事へのコメント

あならいざ
2007年03月30日 21:54
ぱんちょうは梅子さんあたりが、やはり正解だと思います。肉の量もちょうどいいぐらいだと思います。
昔、ここで豚丼とご飯を頼んで、腹一杯になって帰ったこともありますよ。
おばちゃん、食べ終わってから、大盛にしたら良かったねなんてアドバイスくれました。
2007年03月31日 09:39
★>あならいざさん
「ご飯少ないな~。」といつも思います。ご飯大盛にしたかったのですが、ぎっしり満員の店内で、そう言うのがはばかられる雰囲気だったのです。

個人的には、肉は少なくてもいいから松を2つ食べると満足かな?

あと、店内が狭く、6人掛けの席が多いので、混雑時はゆったりとした気分では食べられないのが「ぱんちょう」の難点ではないでしょうか?
百の風になって
2007年03月31日 22:29
はじめまして。私も2度ほど行きました。店員さんが言っていたような「フタの上にお肉がくっついた」経験は一度もありません(笑)。ちなみにこの「ぱんちょう」、2007年3月31日放送の「オールスター感謝祭」(TBS系)に出張したそうです。赤坂のTBSスタジオ内に特設されていた休憩タイムの屋台への出店という形です。
余談ですが、そのTBSには帯広出身の男性アナウンサーが1名おります。
2007年04月01日 11:20
★>百の風になってさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

店員さん、豚丼を運ぶ度に、そう言うの大変そうですよね。でも私、一度だけくっつけた人を見たことあります。観光客風の若い女性二人組でしたが、「あー、本当にくっついたぁ!」と大喜びしていました。混雑時だったので周囲の視線を集めてしまいましたが、悪びれずに喜ぶ姿に、周りもなごんだ記憶があります。

「オールスター感謝祭」は見ていませんが、帯広出身の男性アナウンサーは安住紳一郎ですね。いまや、帯広出身の有名人と言えば、真っ先に名前が挙がるのでは?(以前なら、中島みゆき、清水宏保あたりか)

あとで番組表を見たら「ばんえい競馬」も取り上げられていたようですね。
百の風になって
2007年04月05日 02:12
赤坂のTBS前の坂で、ばんば競走が行われたそうです。スターターは何と、砂川敏文市長でした。
2007年04月05日 03:52
★>百の風になってさん
そうらしいですね。見たかったです。

砂川市長には、競馬場でお会いしました。
ばんえい存続は多くの人に支えられていますが、何と言っても最大のキーマンは砂川市長だったわけで、直接「ありがとうございます。」と声をかけることができたので、本当に、現地に行った甲斐がありました。