ZARDな日々~beautiful memory in 札幌


4月13日は、2月に雪で延期となった、ZARDの「What a beautiful memory 2008」ツアー、札幌公演の振替開催日でした。



会場の札幌市教育文化会館は、どこかと思えば、大通り公園の西の端、大通西13丁目にある札幌市資料館のすぐ隣。


会場入り口には、ベストCDのポスターと並んで、5月に札幌西武で行われる、「ZARD 坂井泉水展」のポスターが貼られていましたが、これは、まず、東京(4/29~5/6)で行われた後、名古屋・大阪・札幌などで順次行われるようです。

札幌の日程は5/23~6/15。ということは、坂井泉水さんの命日、5/27は札幌なんですね。

そして、開場時刻の5時半になり大ホールへ。


今回は、ライブと言っても、フィルムコンサートのような形で、中央にはスクリーンが設けられています。

どんな人が来ているのか、会場を見渡してみたところ、ハッキリと男性が女性よりも多い感じでした。6対4くらいか?

しかも、「髪の毛、負けないで!」という感じの、キチンとした?オッサン、それも単品の姿がかなり目につき、今のところ髪の毛は負けてないけど、オッサンチームに分類され、しかも単品参加の私としては、すこしホッとしました。

まあ、坂井泉水さんが40歳だったわけですから、当たり前なんですけどね。

そして、対するオバチャンチームは息子や娘と一緒という人がけっこういて、あとは中間層が少なく、かなり若い層が多いという印象でした。

そして、6時になり、いよいよ開演です。


他の都市での開催レポなどを読んでいたので、大体の流れはわかっていましたが、オープニングの「揺れる想い」では、いきなりウルウルきて、「こんなことで最後まで持つのか?」と、少しアセったり。

ただ、1曲目からいきなり立ち上がる人が5、6人いて、そのうち1人は最後までそのままでしたが、どう考えても、そういう雰囲気じゃなかったと思うんですけどね…。


手拍子は最初から普通に起きて私もしていましたが、終盤の「マイフレンド」の所で、「あっ、ここが立ち上がるポイントだ!」と感じ、立とうと思ったら、周りの多くの人が立ち上がり、ここからラストまで、いい感じで盛り上がれたと思います。

アンコールは他の会場では5曲でしたが、9日に発売されたばかりということで、「翼を広げて」が追加され、雪で延期になった分、得した気分でした。


そしてラストは、やっぱり「負けないで」。

途中、何度かウルウルきて、「負けないで」も、かなりヤバかったのですが、「男は人前で涙を見せてはイカン!」というポリシーを何とか守ることが出来ました。(ま、終わった後、明るくなって周りを見ても、泣いてる人はいなかったような気がしますケド…。)

終演後、出口では他の会場と同様、CMにZARDの曲をタイアップしていた大塚製薬のポカリスエットが配られていました。

「ハートが乾くと痛いんだよね。」
(※ポカリスエットCM音が出るので注意!

会場では、記念グッズが売られ、大きな紙バッグをいくつも持った人が多く見られましたが、それにしても、みんな、信じられないくらい買うんですね。


私は、9日発売のシングル「翼を広げて」と、欲しかったけれど買いそびれていた追悼本?「きっと忘れない」を買いました。

映像の多くは、プロモーションビデオや2004年のツアー時のものと思われますが、私は、もっぱらCDを聴くだけでDVDは観ないので、「動いている坂井泉水」がとても新鮮で、3時間近くのコンサートでしたが、飽きることなく、本当に楽しい時間を過ごすことができて、大満足でした。

ただひとつ、坂井泉水さん本人がいないことを除いて…。




♪夏の落し物
君と過ごした日々
洗いたてのシャツのような笑顔
今も 忘れられない

翼を広げて 旅立つ君に
そっとエールを送ろう
誰のためじゃなく ただ君のため
愛してたよ

「翼を広げて」より



※ブログ内の関連記事
ZARDな日々~君に逢いたくなったら…
滝川市江部乙~菜の花に揺れる想い
喫茶マリン~「負けないでカレー」大盛
ZARDな日々~夏を待つセイルのように
ZARDな日々~グロリアス マインド
ZARDな日々~それぞれのグロリアスマインド
ZARDな日々~札幌ツアー延期
ZARDな日々~beautiful memory in 札幌
ZARDな日々~坂井泉水展 in 札幌

★コンサート全演奏曲★ ※数字をクリックで歌詞へ
01. 揺れる想い
02. この愛に泳ぎ疲れても
03. IN MY ARMS TONIGHT
04. Just for you
05. 遠い日のNostalgia
06. Season
07. ひとりが好き
08. 不思議ね…
09. I want you
10. 突然
11. 君がいたから
12. 眠り
13. 素直に言えなくて
14. 少女の頃に戻ったみたいに
15. もっと近くで君の横顔見ていたい
16. 瞳閉じて
17. あなたに帰りたい
18. I still remember
19. My Baby Grand~ぬくもりが欲しくて~
20. 止まっていた時計が今動き出した
21. サヨナラは今もこの胸に居ます
22. もう少し あと少し…
23. こんなにそばに居るのに
24. きっと忘れない
25. 君がいない
26. 心を開いて
27. Today is another day
28. 愛が見えない
29. マイフレンド
30. Don’t you see !
- アンコール -
31. Oh my love
32. グロリアス マインド
33. 翼を広げて
34. 永遠
35. あの微笑みを忘れないで
36. 負けないで


※ブログランキングに登録しています。
画像:人気blogランキング(北海道)へ
★↑↑北海道な日々を感じていただけたら、応援のクリックをお願いします。


(2008年04月中旬のある日)


※北海道のホームページも開設しています。
『北海道!旅の情報発信基地』
北海道旅行と観光-『北海道!旅の情報発信基地』へ

『sapporo!観光ナビ』
札幌の旅行と観光-『sapporo!観光ナビ』へ

※コメント以外のお問合せなどは掲示板にお願いします。
(携帯もOKです)
画像:北海道な日々 掲示板へ

この記事へのコメント

eru
2008年04月15日 22:04
桜井くんがいなくなったら私は北旅さんのようにフィルムの前に立てるだろうか。
たまに考える事があります。
彼も小脳梗塞と言う病気で倒れた事がありました。
ツアーを控えた年でした。
なぜかその年のツアーに自分が会場にいる姿を思い浮かべられなかった覚えがあって。
そんな不思議に待ちどうしくない気持ちを抱えたある日、彼が倒れたニュースがながれました。彼は戻ってきたけれどたまに疲れた顔の彼をTVで見ると心がざわつくのです。

ファンって不思議だと思う。
家族でも友だちでもないのに。
人気が出る前はアーティストがファンを欲して、世に名が知れるとファンが一方的にアーティストを欲して。
いずみちゃん、メディアにほとんど出ないかただったから雲の上の人…って印象が強かったです。
きれいでお歌がうまくて天は二物を与えたんだなあって思ったけれど、病気なんか与えないでよ。と思います。
でも、会えてよかったね。
雪で中止にならなかったらもっと泣いてる人多かったかも・・・とか思ったり。
一人一人にとってのZARDが永遠でありますように…。
2008年04月16日 21:55
★>eruさん
そうか。桜井さんも病気したんでしたね。泉水さんの場合は、闘病中ということも知らなかったので、本当に突然という感じでした。

eruさんの熱烈ファンぶりはブログでも伝わってきますが、正直、私は、人気のピークを過ぎたここ数年は、「昔の曲の方が良かったな~。」とか思い、最後の方のアルバムは買っていなかったような状態でした。

それなのに、彼女が突然いなくなってみると、何だか心にポッカリと穴があいたようで、失ったものの大きさに気がついたのです。

でも、彼女は元々、ツアーやテレビ出演をしない人だったから、亡くなったという事実を感じにくい面もあって、コンサートに行き、それはそれで楽しい時間だったのですが、終わってふと、フィルムコンサートという事実に、「彼女がいないこと」を実感して、すごく悲しかったのです。

もうすぐ1年ですが、けっこう引きずるタイプなんですよね。でもまあ、5月27日まではいいかと思っています。

eruさん、どうもありがとうございました。