東へ西へ!札幌ラベンダー新道


札幌の街の北側を東西に走る「札幌新道」ですが、歩道脇には、かなり長い区間でラベンダーが植えられています。


札幌新道を走り、道央自動車道や、R275、R12へ向かうことが多いのですが、東側のR274エリアでは、東20付近から雁来を過ぎるあたりまで、断続的にラベンダーが続きます。


中央分離帯の柵には、札幌市の花の「すずらん」と札幌市の木の「ライラック」が描かれていますが、サイドを固めるのはラベンダーなのです。


南北両車線沿いにラベンダーが植えられているので、東へ向かう時も、帰ってくる時もラベンダーと並走することができ、私は密かに「札幌ラベンダー新道」と呼んでいます。


南側の車線沿いの方が先に咲き出すのですが、今年も、ぼちぼち紫のベルトが形づくられてきたようです。でも、花はまだ、開き始めたばかりの状態で、見頃はこれから。


北側車線は、南側に比べると色づきも遅いのですが、ちょっと気になったのが、今年は、何だか、ラベンダーの数が少ないこと。


毎年、北側車線の、ビックリドンキーとホーマックがある辺りが見事なのですが、植え込みの木がなくなっていたり、土壌を休ませるためか、何も植えられていない場所がかなりありました。


例年だと、こんな感じになるのですが、もしかすると今年は、北側車線は期待薄かもしれません。

札幌新道は良く通るのですが、東側が多く、西側のR5エリアはあまり走らなかったので、今まで、東側しかラベンダーがないと思っていました。

今回、記事にするため、ネットで検索していたら、R5側の発寒付近にもラベンダーがあるとの情報を得、確認してきましたが、札幌西インターの手前、1キロほどの区間にラベンダーが植えられていました。

長い距離を楽しめるのは、何といっても東側のR274の区間ですが、西側にもあるということがわかって、やはり、「札幌ラベンダー新道」を名乗るにふさわしいと、一人納得したのでした。

※ブログ内の関連記事 (ラベンダー/札幌近郊)

ラベンダー発祥の地~札幌市南区南沢
開幕! ラベンダーキャンパスの夏
八紘学園「花菖蒲園」の浴衣美人
JR札幌駅北口~ラベンダー駐輪場
幌見峠~空に浮かぶラベンダー畑
3年目の夏~羊ヶ丘のラベンダー
さとらんど~ポプラ並木を抜けて
百合が原公園~バラとユリとラベンダー

南郷通り~ラベンダー交差点
旧石狩街道~ラベンダートライアングル
屯田通り~ラベンダーアプローチ

※ブログランキングに登録しています。
画像:人気blogランキング(北海道)へ
★↑↑北海道な日々を感じていただけたら、応援のクリックをお願いします。


(2008年07月初旬のある日)


※北海道のホームページも開設しています。
『北海道!旅の情報発信基地』
北海道旅行と観光-『北海道!旅の情報発信基地』へ

『sapporo!観光ナビ』
札幌の旅行と観光-『sapporo!観光ナビ』へ

※コメント以外のお問合せなどは掲示板にお願いします。
(携帯もOKです)
画像:北海道な日々 掲示板へ

この記事へのコメント