テーマ:

東京都・練馬~日本でいちばん熱い夏

9月になっても毎日暑い。 今日も明日も明後日も… 猛暑日和の… 天気ですか~!! 前回の記事を書いた後も猛烈な暑さは続き、ヤケクソで冒頭の部分を書いていたのですが、暑くて熱くて暑くて熱くて…、な~んにもやる気にならず、途中で放棄。 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓 北海道の皆様 4

暑い!いや、熱いです!! 2ヶ月以上ご無沙汰してしまいましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか? 「便りのないのは良い便り」なんて言葉もありますが、やはりそんなわけはなく、ず~っと死んでいました。 そう。 あの憎っくき眼精疲労の野郎が再発…というか、もうこうなると、直らない現代病みたいなものですが、今回の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ハッスルマッスル オフ!

「CUE DREAM JAM-BOREE 2008」に参加するため札幌にやって来た、『藩士!映画、そしてラジオは好きかい?』のマッスルシスターさんとオフしました! ※今年8月のオフ会の記事をアップしています。 ☆夏の忘れ物 ★ハッスルマッスル オフ! ☆オーイズ・ミー・アンビシャス! ☆「根室花まる」でマイスターオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の忘れ物

ついこの間まで夏だと思っていたのに、あっという間に秋も終わり。雪虫の話も聞かれるようになり、もう少しすれば、またあの、長い長~い雪の季節になります。 今年は例年になく夏が粘り腰を発揮して、9月に入ってから、夏日(最高気温が25度以上の日)が15日間(平年だと3.9日)もあったりと、比較的暑い9月でした。 真夏日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ summer song memory 2008 ~

前の記事で、ネットで見つけた「夏の歌カラオケベスト20」について紹介しましたが、2位から20位までをYouTube付きで一挙公開です! <「夏の歌」関連のカラオケ人気楽曲TOP20 > ※画像をクリックするとYouTube等の動画再生になります。(注:音が出ます) 1 夏の日の1993 / class (19…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夏の日の1993~2008

今日で8月も終わり。今年もあっという間の、短い北海道の夏でした。 8月の初め、「夏の歌といえば何?」という、記事をネットで見つけました。 タイトルに、「夏」「サマー」「summer」が含まれる楽曲について、カラオケリクエスト調査を実施したランキングが発表されていたのですが、1位はclassの「夏の日の1993」。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

百合が原公園~バラとユリとラベンダー

春から秋にかけて、いろいろな花が楽しめる「百合が原公園」。7月に入ると、いよいよユリも咲き始めますが、今はバラが満開です。 「札幌にも、ラベンダーが見られる場所はたくさんあるよ。」ということで、昨年から紹介してきましたが、「百合が原公園」もなかなかの場所です。 ラベンダーが見られる場所は、園内に3ヶ所(番号をつけ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

屯田通り~ラベンダーアプローチ

「札幌で見るラベンダー」の最後を飾るのが百合が原公園。ここへは、東15丁目・屯田(とんでん)通を走って行きます。 いつもこの通りを北上して百合が原公園へ向かうのですが、この道は、中央分離帯の花が変化して面白いのです。 今の季節、まずはタンポポの黄色からスタート。多分、何かの花が咲いた後のような気がしますが、覚えて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東へ西へ!札幌ラベンダー新道

札幌の街の北側を東西に走る「札幌新道」ですが、歩道脇には、かなり長い区間でラベンダーが植えられています。 札幌新道を走り、道央自動車道や、R275、R12へ向かうことが多いのですが、東側のR274エリアでは、東20付近から雁来を過ぎるあたりまで、断続的にラベンダーが続きます。 中央分離帯の柵には、札幌市の花の「す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧石狩街道~ラベンダートライアングル

石狩街道(R231)から5号線を南下。札幌環状線を過ぎたあたりで、左側から、旧石狩街道(東1丁目線)が合流しますが、ここの三角地帯にはラベンダーが植えられています。 南郷通りのラベンダーは、かなり前から知っていたのですが、ここは、少なくとも、札幌に住む前は見た記憶がありません。 ただ、ここを知っていた方の話によると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南郷通り~ラベンダー交差点

札幌も、いよいよ夏。今年も札幌のラベンダーが咲き始めました。 昨年、「札幌でラベンダーが見られる場所」をいくつか書いたのですが、先日、7月上旬に札幌に来る予定の方から、「札幌がラベンダー発祥の地と知り、ぜひ見てみたいと思いますが、他にもおすすめの場所はありますか?」というメールをいただきました。 観光地として、「ラベンダ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

好きです。sapporo / 嫌いです。yosakoi

このところ負のスパイラルに陥っているようで、なんだかとっても不調。そんな気分の時に、大嫌いな「YOSAKOIソーラン祭り」が行われました。 昨年も書きましたが、北海道が大好きな私が、ほとんど唯一嫌いな道内イベントが「YOSAKOIソーラン祭り」(以下YOSAKOI)。 個人的にはYOSAKOIなんて、なくなって欲しい…
トラックバック:0
コメント:119

続きを読むread more

夏をあきらめて~8月も終わり…

あんなに待ち焦がれていた夏だったのに、やっぱり、あっという間でした。 「夏が来るのは嬉しいけれど…」という記事を書いたのが6月17日でした。 そこに書いた通り、瞬く間に日々は過ぎ、気がつけば、明日から9月です。お盆の頃はかなりの暑さだったのに、あまりにも潔く、夏は去ろうとしています。 東京では9月はまだまだ夏で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大倉山シャンツェ~下りは遊歩道で

大倉山シャンツェはリフトで上り下りしますが、気持ちの良い遊歩道もあるのです。 ジャンプ台横の、木々の緑の中を行く遊歩道。 木道や階段が整備され、森林浴気分で歩くのは気持ちの良いものです。 途中、カンテ(踏み切り台)の横を通ったり、 ジャンプ台の上から見た札幌の街が、もっと近くに見える展望台からの景…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

短い夏に、燃えれいい女!

写真の場所がわかる方、タイトルを見て、「ああ、またダジャレかよ!」と呆れていますか? 写真は、イサム・ノグチが設計したことで知られる、「モエレ沼公園」の中にあるモエレ山です。 初めてモエレ沼公園に行った時、「モエレ」ってどういう意味かと思いました。 その時思い出したのが、例えば、「食べろ→食べれ」「寝ろ→寝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

札幌競馬場~スズランからライラックへ

札幌競馬場の正門を入った先の左側で、芝生コースのゴール板を発見! 何でここにゴール板がと思い、右にあった説明板を読むと、このゴール板は1991年から使われていたもので、今年、札幌競馬場が開設100周年を迎えるにあたり、リニューアルされたのだそうです。 旧ゴール板は「札幌市の花」であるスズランですが、新しいゴー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どうなる?! 札幌ビアガーデン競馬場

競馬が好きで、全国に10ある、JRAの競馬場は全て行ったことがありますが、ビールの旨い競馬場と言えば、誰がナント言おうと、断然、夏の札幌競馬場なのです! 競馬はパソコンでやるので普段は競馬場へは行きませんが、札幌に住んでからは、毎夏、2、3回は札幌競馬場へ行きます。 そのお目当ては、競馬よりビール! 私にとって札幌の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ひまわり色の温泉~サンフラワー北竜

ひまわりを見に行った時は、道の駅「サンフラワー北竜」の温泉へ行くことが多いです。 ひまわりの里のすぐ近く、左右に大きな竜をあしらった「北竜門」をくぐり、やって来たのは、道の駅に併設された温泉。 天気の良い日、広いひまわり畑の中を歩き回るとけっこう汗をかくので、帰る前に温泉でサッパリしたいですね。 岩造り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり畑とダチョウの関係

北竜のひまわりの里には、なぜか、「駝鳥牧場」があるのです。 今までは、ダチョウをじっくり見ることはしませんでした。なぜなら、あの首が、私の大嫌いな「あるモノ」を連想させるから。 でも、某ダチョウファンのために、今回は意を決して体当たり取材を敢行です。 ここで飼育されているのは、オス(羽が黒い)1羽とメス3羽。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ひまわり畑の「ゲゲゲの鬼太郎」

ひまわり畑に出現した黒い顔。どこからともなく、「♪ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ~」のメロディが。 広大な敷地を誇る北竜のひまわり畑。期間中、いつでもヒマワリが楽しめるように、エリアごとに開花時期をすらしてヒマワリが植えられます。 最後にメインの場所が咲く頃は、早咲きのヒマワリは花が散って、無残な姿をさらしているのですが、メイン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸せを呼ぶ?「ひまわり迷路」

北竜町のひまわりの里には、毎年、人気の「ひまわり迷路」が作られます。 今年は生育が遅れていましたが、ようやく、大人の背丈以上のコースが出来ていました。 まあ、迷路と言っても見取り図をくれるので迷うほどではなく、コースに設置された番号を探して「10万円が当たるクイズ」に応募するのが一番の楽しみなのです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も満開!北竜町のひまわり

広大な敷地に咲く一面のひまわり。北竜町のひまわりを見に行ってきました。 ひまわりは大好きなので、毎年見に行っています。今年は雨が少なくて、生育が遅かったようで心配でしたが、メイン広場もようやく満開近くなったとのことで行ってきました。 札幌からR275を北上。北竜町に入ると、まず、ひまわりの形の街灯と沿道のひまわり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さとらんど~ポプラ並木を抜けて

「サッポロさとらんど」のメインの建物、「さとらんどセンター」前からは、ポプラ並木が続いていますが、ここを抜けた先に、「ラベンダーの丘」があります。 さとらんども、札幌でラベンダーを見られる場所のひとつで、ラベンダーだけ見るのならば、第6駐車場が一番近いのですが、ポプラ並木を歩いて向かうのも気持ちが良いのです。 並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さとらんど~夏に向かって走れメロス!

意味不明のタイトルですが、タイトル写真の花の名前がわかる方は笑ってやって下さい。 「さっぽろ雪まつり」の会場にもなっている、「サッポロさとらんど」。 初めて7月に行った時、駐車場の周りに咲く、黄色の花に目を奪われ、事務所で花の名前を聞くと、「ヘメロカリス」と教えてくれました。 メモしなかったので、すっかり忘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豊平川河川敷~浴衣姿で花火見物

札幌の夏の風物詩第2弾は、7月後半に、豊平川河川敷で行われる花火大会です。 7月の金曜の夜、3週連続で行われる豊平川の花火大会。私はこれが大好きで、可能な限り、会場で見るようにしています。 今年は、読売新聞主催の分が夕張で行われるため、2週しかありませんが、まずは道新の花火大会です。 毎年、たくさんの人が集まり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

地下鉄の夏! 風鈴の夏!

7月中旬、札幌の地下鉄には風鈴がつけられ、車内には涼しげな音が響き渡ります。 札幌に住んで最初の夏、地下鉄の車内で、「チリン、チリリン」という音が。「何の音?」と思い、車内を見回すと、天井につるされた風鈴の姿が。 激混みの東京でこんなことをすれば、逆にイラつきそうですが、札幌らしい雰囲気で、私はすごく気に入ってしまい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3年目の夏~羊ヶ丘のラベンダー

探せばけっこうある札幌のラベンダースポットですが、3年前、札幌でラベンダーを見られる場所をとの要望に、札幌観光協会が応える形で植えられたのが羊ヶ丘のラベンダーです。 羊ヶ丘展望台の中の、「羊ヶ丘ウェディングパレス」の裏の芝生広場にラベンダーが植えられたのは3年前のことでした。 情報を得て、何度も足を運びましたが、初年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幌見峠~空に浮かぶラベンダー畑

ラベンダーと言えば富良野ですが、札幌にも多くのラベンダースポットがあります。その中でも、ここ、幌見峠(ほろみとうげ)のラベンダー畑は、私の大好きな場所なのです。 円山から蟠渓を結ぶ狭い山道を登った幌見峠にある、「夢工房さとう」のラベンダー園。 最近はTVや雑誌にも紹介され、穴場と呼べる場所ではなくなり、アプローチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR札幌駅北口~ラベンダー駐輪場

ハマナスを見られる場所として紹介した、JR札幌駅北口駅前広場。いろいろな花が見られる穴場ですが、穴場中の穴場と言えるのが、駐輪場屋上のラベンダーでしょう。 JR北口広場から真っ直ぐに伸びた噴水の左右に、駅の駐輪場の建物があります。 まずは左側、交番に隣接した駐輪場の上へ。 ほのかな香りに誘われて階段を登ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八紘学園「花菖蒲園」の浴衣美人

毎年楽しみにしている、八紘学園の花菖蒲園。満開を待って、今年も行ってきました。 園内には約450品種10万株の花菖蒲が植えられ、夏の日差しを浴びて咲き競っています。 ここ数年、私の中ですっかり夏のイメージの一つとなっていますが、それと言うのも、この花菖蒲、何だか浴衣のイメージとダブるからなのです。 私が男な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more