テーマ:お菓子

白い恋人より、私の恋人/白い湖!

裏切り者のヒドイ恋人のことは忘れます。昔の恋人似の「私の恋人」と一緒に、「白い湖」へ。 製造再開し、22日にも店頭に復活する「白い恋人」ですが、院政を敷く石水勲は全く反省してないし、応援するわけにはいきません。 そもそも、「白い恋人」の人気があるのは、味というより、職場等、大人数へのお土産にすごく重宝する点が大き…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

雪虫飛んだら、もりもと「ゆきむしプリン」

車で走っていると、北海道でも人気のお菓子屋さん「もりもと」が見えてきました。10月末に雪虫の飛んだ札幌。「そう言えば、ゆきむしプリンってあったよな~。」と思い、駐車場へ。 プリン好きなので、もりもとプリンは食べたことがあります。 確かに美味しいのですが、小さすぎて量的に物足りず、札幌に住んでからは食べていません。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「黒い恋人」と「泥だるまくんアイス」

北海道の代名詞的存在とも言える、「白い恋人」の賞味期限改ざんが明らかになりました。 世の中そんなに綺麗だとは思っていないので、驚きより、「やっぱりココもそうなのか。」というのが率直な感想ですが、昨日の石水勲社長の会見を見て、ワンマン社長が知らなかったハズがないと思っていたところ、16日、やはり会社ぐるみだったことが…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

どら焼き、せんべい、梅ソフト!

平岡公園の梅を見に行く楽しみのひとつが、この期間しか食べられない「梅ソフト」です。 夜梅見物は寒いのですが、それでも多くの人が食べていました。このソフト(夜は綺麗に写せないので、写真は昨年のもの)、ベースは雪印で、そこに梅シロップを加えたもので、果肉も少し入っているそうです。 ほんのりピンク色のこのソフトは毎年凄い人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4つの味~北菓楼の「開拓おかき」

新千歳空港で買うお土産シリーズ?第3弾は、安くてボリュームがあって、自分で食べて美味しく、人にあげても喜ばれる、北菓楼(きたかろう)の、昔懐かし「開拓おかき」です。 北菓楼といえば上品な甘さのお菓子もオススメですが、今回は「開拓おかき」の紹介です。 この「開拓おかき」、何の変哲もない素朴な普通の「おかき」ですが、油っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空港限定 「カマンベールチーズケーキ」

新千歳空港でお土産を買って帰る方も多いと思いますが、私のオススメは、新千歳空港限定販売、NORHT HARVEST(ノースハーベスト)のカマンベールチーズケーキです。 北海道には無名品から超有名品まで、多くのチーズケーキがありますが、さすが北海道、ハズレは少ないと思います。 このケーキは札幌ユーハイムのオリジナル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんちゃらデーには、森永牛乳プリン

ブログ付属の検索データによると、「ピンクの発泡酒」「六花亭の白いプリン」「るたお」等で検索して見に来る人が、最近、急増してる。キミ達、なんちゃらデーに踊らされてるな~。 なんちゃらデーには、キャンディー・マシュマロ?なんじゃないのかよ~! 手を広げやがって、敵の思うツボジャン。 まあいいい。キミにイイコトを教えよう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗原さんちのおすそわけ~とうふプリン

プリンは好きだし豆腐も好きなので、前から少し気になっていた「とうふプリン」。メグミルクの「栗原さんちのおすそわけ」に「とうふプリン」が出たので食べてみました。 ジンジャーソースがついていますが、まずは、そのままを一口。「豆腐だ! しかもほんのり甘い!」この時点で失敗を悟った私ですが、意を決してソース投入。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コッテコテのチーズケーキ

「全国うまいもの大会」の会場に、大阪の「パブラッタ」という洋菓子店がありました。 この店はカスピ海ヨーグルトを使ったチーズケーキが人気商品とのこと。私は甘い物の中でチーズケーキだけは時々食べるので、試食してみたのですが、ものすごく売れていると言うわりには、「これくらいのチーズケーキなら、北海道にはゴロゴロある。」と言う印象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「LeTAO」と「るたお」

ドゥーブル・フロマージュ(チーズケーキ)で人気の、「LeTAO(ルタオ)」。「LeTAO」はフランス語で「小樽の親愛なる塔(Le Tour Amitie Otaru)」という意味だそうですが…。 小樽の洋菓子店だから、オタルを逆から読んでルタオだと、普通思いますよね。私も最初は気がつきませんでしたが、JR小樽駅のホームにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白いプリン(六花亭)と森永牛乳プリン

各メーカーから白いプリンが発売されていますが、日本標準?の元祖白いプリンと言えば、森永の牛乳プリンです。六花亭の「白いプリン」、「チーズプリン」と食べ比べてみました。 白いプリンは、各メーカから出ていますが、お土産用に容器に凝っていたりするためか、値段はやや高め(250円前後)のモノが多いようです。プッチンプリンや牛乳プリンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハッピー・メガマック・プッチンプリン

北海道のセブンイレブンから関東へと去っていったハッピープッチンプリン。メガマック人気の多層マック作りを真似して、ハッピー+ビッグ+ミニの3段重ねに挑んだのですが…。 この前の記事で比較用に買ったビッグとミニ、さらにはもうひとつハッピーが冷蔵庫に残っています。というわけで3段重ねに挑戦です。 まずハッピーをプッチン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プッチン de ぼよよ~ん!

北海道のセブンイレブンに上陸中のハッピープッチンプリン。大人になってからは、あまり、「プッチン」しなくなりましたが、せっかくなので、久々にプッチンして食べてみました。 PuッチンというよりBuッチンですが、なんか感激! 自重で少しひしゃげる姿は、まるで巨乳アイドルのようです。 スプーンはお弁当用の大きいものを使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プッチンプリン前線、北海道に到達!

暖冬とは言え、さすがに桜前線はまだ早すぎですが、そんな中、九州を皮切りに始まった、セブンイレブン限定発売のハッピープッチンプリン前線が北海道に到達、満開です! 通常のプッチンプリン(110g)の約3.6倍、Big プッチンプリン(176g)の約2.3倍、400gの容量を誇る、幻のHappy プッチンプリン。 昨年(だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっちのじゃがポックルショー

北海道のお土産として大人気のカルビー「じゃがポックル」。そのまま、普通に食べてもモチロン美味しいのですが、ちょっと、味に変化をつけた食べ方を紹介します。 まず最初は、名古屋のA氏考案、「じゃがポックル/チーズ味」です。皿にのせた「じゃがポックル」の上にピザ用のチーズをふりかけ、レンジで軽くチンしてチーズを溶かして食べま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more